自宅でできる口腔内ケア

妊娠中の悪阻が酷い時期や、安定期に入る前はなかなか歯科に通って歯医者に口腔内ケアをしてもら事ができません。しかし、妊娠中は免疫力が低下してしまい虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまうため予防のためにケアする必要があります。下記では、自宅でも簡単にできる虫歯や歯周病回避のためにできるケア方法を紹介しているので参考にしてみてください。

自宅で簡単!妊娠中の口腔内ケア方法

  • 歯磨き粉はフッ素がキシリトールが含まれているタイプを使う
  • キシリトールガムを噛む
  • 食後は水を飲むなどして口腔内に食べ残しを残さない
  • ブラッシングが厳しい時はマウスウォッシュで口をすすぐ
  • 歯ブラシでは磨きにくい歯間はデンタルフロスでケア

妊婦が歯科で治療を受けるなら知っておこう!検診内容をチェック

歯

妊婦は虫歯になりやすい!?

女性の体には、もともと女性ホルモンというホルモンが存在していますが妊娠すると女性ホルモンが増えてしまいます。女性ホルモンが多いと、歯周病菌が増えてしまい唾液の分泌量が通常よりも減少してしまうと言われているのです。そのため、妊娠していない女性よりも虫歯や歯周病になりやすい口腔内環境になってしまいます。また、女性ホルモンの増加以外にも、ブラッシングによる吐き気が原因でブラッシング回数が減ってしまう事もあるため口腔内が長時間酸性状態になってしまい、虫歯になってしまうとも言われています。

男性

検診するなら妊娠中期がベスト

妊婦さんが歯科で検診を受けるなら、妊娠初期よりも妊娠中期がベストです。妊娠初期は母体も胎児も不安定なため、妊娠初期に極度の緊張やストレスを受けるようなことは控えた方が安心です。なので、母体も胎児も落ち着き始める妊娠中期が検診を受けるのには最適なのでしょう。また、いくら妊娠初期などで検診がうけられないとはいえ、妊娠中期までは自分で虫歯や歯周病にならないよう自宅ケアを徹底してみてください。

治療器具

妊婦向けの歯科検診

妊娠している女性向けの歯科検診を行なっている歯科などもあるため、妊娠中期になり歯科検診を検討しているという人は自治体か直接歯科に確認をし歯科検診を受ける事ができるか調べてみましょう。自治体によって異なりますが、妊婦さんは無料で歯科検診を受ける事ができます。治療費は、自費になってしまいますが無料で口腔内をチェックしてもらう事ができるなら、気軽に利用することができるでしょう。

院内

歯科検診の内容

妊婦さんが受ける歯科検診は
・虫歯のチェック
・歯肉炎の確認
・歯周ポケットのチェック
・顎関節症の確認
・粘膜異常
などを細かく検査してもらうことができます。自治体や、歯科検診を受ける場所によって異なる場合もあるため事前に調べておきましょう。他にも口腔内で確認して欲しい部分や、治療したい部分がある時は歯医者に相談してみてください。

妊婦が気になる治療に関する疑問

歯医者

お腹が大きくなったら治療は厳しいのでしょうか?(30代:ゆー君ママ)

そうですね、妊娠後期ぐらいお腹が大きくなってしまうと診察台に座るのがキツくなってしまい長時間の治療に耐えられない可能性があるため、妊娠中期ぐらいが最適でしょう。

歯科検診は産婦人科でも教えてもらえる?(20代:みよちゃん)

産婦人科によって異なりますが、妊娠中期に入り状態が落ち着いたなと産婦人科医が判断した時に歯科検診を推奨する医師もいると言われています。しかし、医師から言われないこともあるため自分で確認しておいた方が安心です。

治療内容は制限されるのでしょうか?(20代:えり)

妊婦さんは、虫歯や歯周病の治療を受けることはできますが親知らずの抜歯や、インプラント治療などは受ける事ができません。外科的治療が必要になる治療方法が、基本的には受けられないでしょう。

広告募集中